シール印刷、格安シール作成、バーコードのアンドー

JANコード バーコードシールの作成

○

JANコード(バーコード)を登録申請するときは、販売者の企業や商店や個人が各々全国の商工会議所、
商工会や財団法人流通システム開発センターで販売されている
「JAN企業(メーカー)コード利用の手引き」を入手した上で、その巻末の登録申請書を使用して申請を行う。.
約2週間後にJANメーカーコードが貸与される。.
.
統一商品コードは国番号は日本では現在49又は45、ちなみにアメリカは00~09、
西ドイツは40~43です。.
国番号に続くメーカーの番号または7桁、品物の番号3桁(最後からの4桁が自身の番号
であり000から999まで使用できるコードです。.
そして最後の数字一けたが(チェックデジット)となっていて計算式で出されている.
そのバーコードが全ての商品に異なった番号を付けることになっている。
日本で使われているJANコードには、標準タイプ(13桁)とたばこなどに.
使用の短縮タイプ(8桁)の2種類が使われています

弊社はバーコードソフトを使用してシールの印刷、シールの作成しています。
用途はバーコード作成、標準書籍コード作成、標準雑誌コード作成、標準物流シンボル作成、輸送容器用コード作成
標準医療用コード作成、GS1 コード (GTIN, 正味重量, 日付) 作成に対応しています

このページの先頭に戻る

インストアコード

○

インストアコードとは、販売店や団体などが任意に付番できるコードのことであり、
スーパの―ポスレジ、ポイントなどの会員カードの用途などにもで利用されている。
地域にある道の駅など生鮮野菜や食品などに利用される。
20~29で始まる(例えば 2 754547863244 )コードが利用でき、2の次からの
11桁が任意に利用できる。もちろん、その店や取扱店などでしか通用せず他店では使用できない.

バーコードの読み取りはスキャナーの赤い光を当てて黒や緑、青や茶色などの
バーコード印刷物から拡散反射光からの出力信号をデジタル化したものをPOSレジや
パソコンで変換し出力します。
読み取り機能を持ちますので赤いバーコードは感知しにくいとも言われます。
銀のバーコードも照明光に拡散反射されずに不読、誤読の原因となるようです。
また透明フィルムやナイロン袋の内容物が茶色や黒いものも感知しない場合もあります。
ですから透明素材の材質には下に白の印刷を引く必要があります.
.
バーコードの大きさは一般的には60%から100%の範囲で作成しますがあまり小さいと
読めない場合がありますので80%から100%がお勧めです

>>価格表はこちら

このページの先頭に戻る